【パフォーマンスの評価・モニタリングについて】

お問い合わせはこちら

ブログ

【パフォーマンスの評価・モニタリングについて】

2020/05/13

モニタリングするタイミングで結果が変わる

【パフォーマンスの評価・モニタリングについて】

 

スポーツのパフォーマンスの評価として、様々な競技・チームでスプリント計測やGPSによる分析、跳躍高の計測などが行われています。
その中でも最も簡単なパフォーマンスの評価として広く使われている「垂直飛び」を例としてその注意点をお伝え致します。

パフォーマンスの評価は一般的にトレーニング効果の確認やコンディションチェックなどに使用され、定期的な測定から選手の傾向を評価します。ただし、この「定期的」という測定の間隔によっては選手のパフォーマンスを誤って評価してしまう可能性があります。
下記の画像は大学生選手が行った垂直飛びの跳躍高の推移をグラフ化したものです。

写真の説明はありません。

グラフを見てわかる通り、測定日によって跳躍高のばらつきがあります。
細かく測定をしていれば、その変化にも気付けるかもしれませんが、例えば一枚目の赤い丸で囲まれた日にしか測定をしなかった場合、跳躍高は最後の測定日にかけて向上していないように見えます。
逆に2枚目のグラフの赤い丸で囲まれた日にしか測定をしなかった場合、跳躍高は大幅に向上しているように見えます。

写真の説明はありません。

このように測定日の間隔が空けば空くほど、選手のパフォーマンスを正確に評価できない可能性があります。そのため、測定に関しては十分注意して選手の評価を行わなければなりません。

今回は跳躍高の例でしたが、その他のパフォーマンステストを行う際にも同じことに注意が必要です。選手のパフォーマンスをより正確に判断したい場合はGPSセンサーやVertCoach、PUSH、GymAwareなど、日々の練習・トレーニング中に負荷やパフォーマンスをモニタリングできるものを使用して選手の傾向を把握したり、ウォームアップ時に毎日垂直跳びやスプリントなどを行いデータを取得するような方法をとることが望ましいと考えられます。