各種VBTデバイスの紹介

お問い合わせはこちら

ブログ

各種VBTデバイスの紹介

2021/10/12

VBTデバイス紹介 2021年10月

ここでは、各種VBTデバイスの特徴をご紹介致します。

機器の詳細に関しましては、各機器紹介ページリンクをクリックしてください。

ご自身のトレーニング指導のスタイル、目的に合った機器を選んでいただくことができれば、VBT指導をより効率的に実践することができます。

VITRUVE

コストパフォーマンス抜群LPT

スペイン発のVITRUVEはトップレベルのVBT関連研究をベースに作られた、リニアエンコーダー式 VBT実践デバイスです。

・Load-Velocity Profile作成による推定1RM計測

・平均速度はコンセントリック局面の加速部分を平均化した「平均推進速度」を採用

※今後のアップデートで平均速度と平均推進速度を選択できるようになります。

・トレーニング目的に応じた速度範囲を提示

・速度、パワー、可動域ROM、疲労(速度低下率)の4項目を同時に表示

・エキセントリック局面のリアルタイムフィードバック

・個人使用アプリは無料取得可(チームシステムは有料)

・iOSデバイスとのBluetooth・Wi-Fi接続

・iOSアプリと接続せず本体のみで完結する簡易フィードバック機能

など、さまざまな独自機能であなたのトレーニングの効果を最大限に高めます。

加速度計デバイスと比較して高精度なケーブル式(リニアエンコーダー, LPT)を採用し、バーベル挙上速度を確実に検知します。また、バーベルにケーブルを装着するマグネットローラーホックは付け外しが簡単にも関わらず激しい動きにも対応し、VBT実践中のストレスを大幅に削減してくれます。

VITRUVEの詳細はこちらから

 

Vmaxpro

多機能IMUセンサー

Vmaxproはドイツで開発されたVBT実践デバイスです。加速度計ジャイロスコープを搭載したデバイスの中では高い精度を誇り、速度やパワーなどの項目以外に、「3Dバーパス」や「位置-速度カーブ」などのテクニック面でのフィードバック機能も備えています。


・AIによるトレーニング目的に応じた負荷や回数の指示

・平均速度、ピーク速度、平均パワー、ピークパワー、レップ数、レップ間レストの表示と音声フィードバック

・力の立ち上がり率=RFDをリアルタイムフィードバック

・3Dバーパス表示、位置-速度カーブの表示 + 動画と同期可能

・エキセントリック局面の速度表示

・リスト/アンクルバンドでダンベル種目やプルアップ(懸垂)に対応

・個人使用アプリは無料取得可(チーム用クラウドは有料)

・iOSデバイスとのBluetooth

※2021年10月23日発売開始予定

GymAware

ゴールドスタンダードLPT

GymAwareはオーストラリアで開発された超高精度LPTです。VBTデバイスの中では最も高精度なもののひとつで、このGymAwareを基準に精度検証などが行われます。

0.3mmのケーブルの動きを検知し、特殊な変動サンプリング形式によるデータ取得によって極めて正確なデータをアウトプットできます。

また、アプリのインターフェイスが近未来的で選手のモチベーションを高めます。

速度、パワー、動作範囲などの基礎的なデータをアプリで表示できる他、有料のGymCloudによってRFDやエキセントリック局面のデータなど詳細な分析が可能です。

 

GymAwareの詳細はこちらから

FLEX

レーザーセンサーVBTデバイス

FLEXは50mm径バーベルシャフトで使用するレーザーセンサーです。

専用の反射マットを床に敷き、その上でFLEXを使用します。レーザーの反射によって床との距離を正確に検知し、距離の変化と要した時間から速度を算出します。

バーベルの上下前後の軌道表示によってリフティングのテクニックを評価することも可能です。

また、基本的には個人利用のアプリケーションですが、「バディモード」を使用することで3人までアスリートをアプリ上で切り替えてトレーニングを実践することができます。

 

FLEXの詳細はこちらから

C-Force

ポータブルフォースプレート

C-Forceはトレーニング現場で手軽に使用できる持ち運び可能なフォースプレート:床反力計測器です。

数多くの研究業績を持つオーストラリアのRobert Newton氏によって開発されたPCソフト「Ballistic Mesurement System」によって、Force、Velocity、Powerはもちろんのこと、力の立ち上がり率:RFDやエキセントリック局面のForceの変化も見ることができます。

垂直跳び計測では圧力の波形から自動で局面分析ができ、左右脚の差も同時に表示されます。

最大筋力の測定として広く用いられているアイソメトリックミッドサイプル:IMTPは独自の特殊なリグによって、膝と股関節角度を正確に調整して行うことができます。

 

C-Forceポータブルフォースプレートの詳細はこちらから