スポーツ科学についてエスアンドシーはブログにまとめて掲載しております

お問い合わせはこちら

ブログ

スポーツ科学に関する情報をブログに掲載しております

スポーツ科学に基づく指導方法をブログにてご紹介しております

スポーツ科学に基づくトレーニングを普及・促進しているエスアンドシーは、フィールドスポーツやラケットスポーツにおける試合や練習後に必要なデータを入手し選手個々人の運動量やスプリント回数、加速・減速の回数、心拍数の変化等をより客観的、正確に把握することを可能としたFieldWizをはじめ、様々なトレーニング中に発揮しているスピードやパワーをリアルタイムでモニター可能なWitttyやPUSHといった装置を各種取り揃えております。性能はもちろん使い勝手も良く、これまで多くの選手や指導者より厚い信頼を得てまいりました。
スポーツ科学に関する情報は随時ブログでもご紹介しておりますので、興味がありましたらぜひ一度ご覧ください。

TUB2テストとは?最大有酸素性走行速度を評価するための間欠性テストです。VamEvalとは異なり、3分走行を継続後、1分の休息時間を挟み、再度3分間走…

T字アジリティテストとは?T字アジリティテストは反応要素を含む方向転換能力を評価するテストです。ランダムで表示される信号に応じて90°素早く方…

Y字アジリティテストとは?Y字アジリティテストは反応要素を含む方向転換能力を評価するテストです。ランダムで表示される信号に応じて斜め方向へ素…

L-Drillとは?L-Drillはアメリカンフットボールで行われる方向転換能力を測定するためのテストです。戦術によって様々なルートを走ることになるアメ…

0-5-0テストとは?0-5-0テストは減速能力と切り返し能力を評価するためのテストです。通常の方向転換とは異なり、高い速度を伴う方向転換となります…

アローヘッドアジリティテストとは?サッカーの走能力を評価するために使用されるテストです。プロアジリティよりも、サッカー動作に近い、方向転換…

様々な競技で行われるパフォーマンステスト。これらはトレーニングの成果やコンディションを把握するために定期的に行われます。各競技に必要とされ…

PDPプロジェクト資料PDFアメリカで実施されているPDPプロジェクトは、高校年代~大学生までの有望な野球選手を収集し、競技力に直結する様々な能力を…

IFT30-15テストはM.Bucheitが考案した間欠性テストです。フィールドスポーツ選手の最大有酸素性走行速度を測定するために最適なテストです。30秒間走…

フランスで行われる棒高跳びの競技大会allstarpercheではOptoJumpNextが助走路の真横に設置され、助走局面の分析が行われています。跳躍前の助走区間…

競技に役立つ測定・トレーニングサッカーの競技中の動作スピードを向上させるためには、方向転換アジリティの測定やトレーニングにおいて「反応する…

幼児を対象とした運動の研究弊社取り扱い機器を使用した、国内研究情報です。 山口県至誠館大学ライフデザイン学部井川貴裕先生、岡崎祐介先生著の「…

琉球大学教育学部の砂川力也先生と古堅南美先生(浦添市立当山小学校)著の「Velocity-basedTrainingにおける速度低下率の違いが筋機能特性に与える…

クリス・チャップマン著長谷川昭彦・長谷川裕訳PUSHでの最初のトレーニングサポートシステムは2015年に作成されました。私たちの知る限り,これは日々…

スポーツ科学を実際のトレーニングに活用されたいとお考えでしたら、エスアンドシーが取り揃えている計測機器「FieldWiz」をご利用いただければ、精度の高い信頼性と妥当性を兼ね備えたデータを収集することが可能です。業界最軽量の35gでトレーニングの邪魔にならないため、選手の皆様からもお喜びの声を多数頂戴しております。
ピッチサイズやプレイヤー数、試合時間と本数、選手交代等、柔軟に対応することができるほか、PDFやEXCEL等、Web上からのレポート出力も可能ですので、使い勝手が良く大変おすすめです。また、スポーツ科学に関する最新情報を選手や指導者の皆様にお伝えしたいという想いから日々ブログを更新し、分かりやすく丁寧な記事を心掛けておりますので、興味がありましたらぜひ一度お目通しください。